作品から探す
アイテムから探す
サイトメニュー
配送カレンダー
:店休日 :本日
2022/7
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
商品コード: 9784867160534

【地域本】地域批評シリーズ51 これでいいのか岐阜県

¥1,078 税込
著:鈴木ユータ、岡島慎二
どうしても地味な印象が拭えない岐阜県。
しかしそのポジションは、日本のへそ・重心、交通の要衝、そして「美濃を制する者は天下を制す」とも言われる日本のセンター。

名古屋にもしっかりと依存し、中京圏の一角として産業集積も進み、発展著しい。また現代産業ばかりでなく、刃物、焼物、和紙など伝統工芸も盛んである。とはいうものの、発展しているのは名古屋に近く交通の要衝の美濃地方ばかり。
対して飛騨地方はのどかな田舎で、明らかに南北のコントラストが違う。
それもそのはず、美濃と飛騨はもともと同じ国ではなく、文化・風習・言葉・気質が違う。さらには歴史的にずっと疎遠な関係だったのに、強引にひとつの県にされた因縁もあり、今も両地域には目に見えない確執や対抗心、はたまた羨望めいた感情も存在している。
本書ではそんな岐阜県の本質を取材やデータなどから解き明かしつつ、未来を論じていく。


<製品仕様>
書籍サイズ:文庫
ページ数:320
こちらの商品は「ゆうパケット」で配送致します。 全国一律送料360円(税込)
※【地域本】シリーズおよび一部児童書以外の商品との同時購入はできません。 ・画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合があります。
商品の転売、再販売を目的としたご注文はご遠慮ください。
数量
カートに追加しました。
カートへ進む